肌のくすみを治す方法

2019年01月23日

肌のくすみを治す方法



肌のくすみを治す方法について紹介しています。
肌がくすんでいると、顔色が悪く見えたり、老けて見えてしまうものです。

お肌のくすみを治して透明感のある肌つくりを行うには、普段からのケアが大切。
くすみ改善のポイントを原因別に確認しておきましょう。


1.肌がくすむ原因



皆さんは、肌のくすみが気になりませんか?
肌がくすむのには、主に以下の4つの原因があります。

肌のくすみの4つの原因を説明する医師

メラニンによるもの、血行不良によるもの、汚れの蓄積によるもの、糖化によるもの。
それでは、これらの原因を取り除いて、くすみを治していきましょう。

1)メラニンによるくすみを治す方法


メラニンによるくすみを治すにはメラニン色素を体の外へ排出することが大切です。
これには、野菜を中心としたバランスのよい食事を摂り、十分な睡眠を取ることです。


2)血行不良によるくすみを治す方法


血行不良によるくすみを治すには血行不良は肌のくすみを治すには大敵です。
血流量が減ると、顔の赤みも減り、その代わりに顔色が黒っぽかったり、黄色っぽくくすんで見えてしまいます。

血行不良を改善するには、首のストレッチや、口の中でベロをグルグルと回すベロ回しや体全体を使った運動、半身浴などが有効です。
ストレスを溜めないことも、血行不良を起こさないために必要です。


3)汚れの蓄積によるくすみを治す方法


これには正しい洗顔と保湿が必要です。
洗顔がおろそかだと、落としきれなかったメイク汚れや皮脂汚れが毛穴をふさぎ、そこへまたメイクを重ねていくと、肌の正常なターンオーバーを妨げてしまい、古い角質が溜まっていきます。

メイクで汚れが蓄積した女性

結果、肌がくすんで見えてしまいます。
正しい洗顔と十分な保湿で肌をいたわりましょう。


4)5.糖化によるくすみを治す方法


食事や間食で摂りすぎた糖質がタンパク質と結びつき、体の中に蓄積されると、糖化という現象が起こります。

これは、肌を黄色くくすませてしまう原因の一つです。
普段から、糖質を摂りすぎない食生活を意識して心がけてみるといいかもしれませんね。


2.肌のくすみを治す方法まとめ



肌をくすませてしまう原因は主に、メラニンによるもの、血行不良によるもの、汚れの蓄積によるもの、糖化によるものの、4つの原因があります。

肌のくすみを改善した女性

これらひとつひとつに注目して改善していけば、くすみのない透明ぷるぷる肌を手に入れることができるのではないでしょうか。

顔汗予防に効果的な制汗剤の選び方

2018年11月15日

顔汗予防に効果的な制汗剤の選び方



顔の皮膚はとっても敏感です。
そのため顔に使用する制汗剤を選ぶときはさらに慎重に選ぶ必要があります!
そこでどのような点に注意するべきか調べてみました。


1.メイクの上から使用できるか?



顔汗予防で使用するならメイクの上から使用できるかはとても重要です。
メイクが崩れないようにさっと仕上げに使用で着たり、こまめに塗りなおしたりできる商品を選ぶことでさらに効果は期待できるはずですよ!

メイクの上から顔汗予防する女性


2.肌に優しい成分か?



顔の肌はとても敏感です。
そのため普段使っている制汗剤よりもさらに慎重に、優しい成分が使用されているかどうか確認してみましょう。

自分の肌質にも合わせて、無添加、アルコールフリー、無香料などこだわって選んでみるのもオススメですよ!


3.持続性のある成分が配合されているか?



商品によっては汗を止める成分が含まれていないものもあります。
せっかく使用するなら持続性が高くきちんと汗を止めることができる制汗剤を選びましょう。

持続性が高い制汗剤のイメージ

そうすることでメイク崩れも防止でき、塗り直しも防げるので肌への負担も少なく済みます。


4.汗を抑える成分は配合されている?



顔汗を抑えるダメには汗を抑える成分は必須です。
制汗剤の中でも収れん剤という汗腺の出口を塞ぎ、発汗を抑えるタイプが効果は高いのですが肌への負担も大きいのが難点です。

制汗剤は肌への負担が大きいことを説明する女性

しかし、フェノールスルホン酸亜鉛という成分なら毛穴への負担も少なく、汗の出口もふさいで発汗を抑えてくれるので今注目されています。

新しく制汗剤を選ぶ際は、このフェノールスルホン酸亜鉛が配合されているものを選ぶことをオススメします。

脱毛はアフターケアが肝心!正しい保湿の方法

2018年10月31日

肌を出す機会が多くなる季節が到来する前に、もう一度見直しておきたい脱毛について



今回は、中でも多くの人が見落としがちな脱毛のアフターケアを取り上げたいと思います。

脱毛のアフターケアの基本は正しい保湿!

今ここで正しい保湿の方法をマスターして、自信を持って肌見せできるツルツル肌を目指しましょう。

脱毛にアフターケアが必要な理由まずはなぜ脱毛にアフターケアが必要なのかという基本的な疑問をおさらいしておきます。

例えば、毛抜きで脱毛する場合は、毛根が付いたムダ毛を力ずくで引っこ抜くわけですから、肌へのダメージは相当なものですよね。

家庭用脱毛器を使用する場合、肌に熱源を当てる場合があり、肌は熱を持ちます。

これも肌にとっては負担大。

つまり、いずれの脱毛方法を選択したとしても、脱毛すること自体が肌に負担をかけることには変わりありません。

だからこそ、脱毛にはアフターケアが欠かせないのです。




脱毛のアフターケアとは?



では、そんな負担の多い脱毛から肌を守るために行うべきアフターケアとは何なのでしょうか?

それは、保湿です。

保湿は整った肌を作るうえで最も大切なステップの一つ。

しっかりと水分を肌に補給することで、乾燥や肌トラブルを防ぎ、肌が正常にターンオーバーできる状態を作ってくれます。

逆に水分が不足した状態が続くと、肌は乾燥状態になり、ちょっとした刺激にも敏感になってしまいます。


そんな状態でさらに脱毛をしてしまったら……、結果は目に見えていますよね?





正しい保湿の方法



最後に確認しておきたいのが、正しい保湿の方法です。

脱毛後、肌にボディーローションや化粧水をたっぷりと塗布します。

保湿は、水分の補給が肝心ですので、できれば脱毛後すぐに行いましょう。

それで終了、ではありません。

補った水分をしっかりと肌に浸透させ、キープすることが大切。

そこで、ボディークリームや乳液を塗って、肌を守るバリアを作ってあげてください。

これで正しい保湿の方法はおしまい。

たった2ステップですが、脱毛による負担を負った肌には効果てきめんです。

脱毛後に特に乾燥が気になる方は、ボディーローションや化粧水をたっぷり含んだコットンやティッシュをしばらく脱毛した箇所にあて、水分補給パックを行うのも効果的ですよ。

アフターケアを行うことで脱毛後の美肌を実現脱毛はムダ毛を無くすために欠かせないものですが、肌への負担が大きいのも事実。

そこで正しい保湿の方法を行い、肌を守ってあげることが大切になるんですよ。






脱毛サロンはこちらから

できてしまったシワは改善できる?今どきのシワ対策

2018年10月27日
若いころは、エイジングケアなんて、他人ごとのように思っていました。
「エイジングケアっていつからはじめればいいんだろう?」くらいの感覚でしたね。

でも、やはり年をとると、だれでもアンチエイジングに興味を持ち始めます。
シワというのは、できてしまうと、美容外科でしか除去できないというようなことが、よく言われています。

しわができてしまった女性

しかし、最近の化粧品は進化しています。
シワ対策は予防が肝心年齢肌による肌トラブルにもいろいろありますが、シワはやっかいです。

シワができる原因は、いくつか考えられますが、シワはできてしまうとなかなか取り除くのは難しいといわれます。
実際、深く刻まれたシワを、元通りツルツルのお肌にすることは、美容外科でもいかない限りかなり難しいでしょう。

ですから、シワ対策というと、まずは予防することが大切なんですね。
最近は、シワ改善用化粧品もところが、最近の化粧品は、本当によくできています。

しわ改善用化粧品のイメージ

シワに特化した、医薬部外品まであるくらいですよね。
本当に良いものを正しく使えば、できてしまったシワを薄くしたり目立たなくすることも可能になりました。

もちろん、効果の現れ方には個人差がありますし、あまりにも深々としたシワや、できてしまってから時間がたってしまったものは、難しいと言わざるを得ません。

それにしても、以前は、化粧品でシワ取りなんて、無理だといわれていましたから。
本当に効果のあるものを選ぶシワ対策化粧品というのは、たとえ医薬部外品だとしても、使い続けなくてはいけません。

しわ対策の化粧品を使いつづける女性

お肌のサイクルのことを考えれば、最低でも1〜3か月は続けないとだめでしょう。
ですから、購入するときには、きちんと長時間使い続けることができそうなものを選びたいですよね。

ちゃんと効果があるもの、お財布にもあまり負担になりすぎないもの、そして自分のお肌に合うものを見つけることが大切です。

化粧品だけに頼ってはダメもう一つ大切なことは、化粧品だけでは美肌作りはできないということです。

どんなにいいアイテムを使っていても、どんなにお金をかけても、生活が乱れていては、お肌の状態はよくなりません。
バランスの良い食事や、規則正しい生活を心がけながら、身体の中から健康になることも必要です。


ビタミンC誘導体化粧水の使い方

2018年10月16日

ビタミンC誘導体化粧水の使い方



様々な肌悩みの解消に貢献するビタミンC誘導体化粧水ですが、効果については理解していても、使い方を知らないという女性は多いのではないでしょうか。

「とりあえずビタミンC誘導体が化粧水に含まれていればいいんでしょ?」などと勘違いしたままでは、せっかくの有効成分を吸収できなくなりますよ。

今回は、年齢肌対策をしたい人に向けて、ビタミンC誘導体化粧水の使い方について解説します。

ビタミンC誘導体化粧水

1)ビタミンC誘導体化粧水は「水溶性」を使おう



一口にビタミンC誘導体化粧水といっても、水溶性・油溶性・両親媒性の3種類に分かれています。

このうち、水溶性のビタミンC誘導体化粧水を使うことで、最も効率よく有効成分を肌に吸収させることができます。

また、水溶性ビタミンC誘導体の中でも何種類かに分かれているため、肌悩みに合わせて使い分けましょう。

●水溶性ビタミンC誘導体化粧水の種類と特徴・効果
@リン酸型ビタミンC誘導体

敏感肌用の化粧水に多く含まれ、皮膚科でも処方されることが多い。
シミ・シワ・肌のくすみの改善に効果的。

Aアスコルビン酸

ビタミンCの安定性が最も高く、有効成分が長期的に保たれるため、エイジング対策を兼ねた基礎化粧品としても最適。


ビタミンCのシュッ類

2)水溶性ビタミンC誘導体化粧水がおすすめなのは、こんな人!




浸透力に優れた水溶性ビタミンC誘導体化粧水は、普通肌や脂性肌タイプにおすすめ。

アトピー性皮膚炎などのアレルギーがなく、年齢に合わせたエイジングケアをしたい女性なら、使用上の注意点も特にありません。

一方、混合肌や敏感肌タイプは、ビタミンCのもつ刺激から、肌荒れを起こす恐れがあるため、あまりおすすめできない場合があります。


3)ビタミンC誘導体化粧水の効果的な使い方



ビタミンC誘導体化粧水を効果的に使うには、抗酸化作用の高いビタミンE誘導体と組み合わせるのが最適です。

年齢を重ねるにつれて、肌本来の力で活性酸素を除去することが難しくなるため、化粧水から有効成分を補う必要がでてきます。

ビタミンC化粧水を使って美しくなった女性

ここでアンチエイジングにつながる成分は、「トコフェロール」。

ビタミンE誘導体を通してトコフェロールを摂取することで、シミやくすみのもととなるメラニン色素を減少させる作用があります。

この機に、ビタミンC誘導体化粧水の効果的な使い方を学び、エイジング対策に役立ててくださいね。

1 2 3 >
プロフィール
管理者:美ビンバブログ
2019年 01月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
カテゴリー
リンク集