ビタミンC誘導体化粧水の使い方

2018年10月16日

ビタミンC誘導体化粧水の使い方



様々な肌悩みの解消に貢献するビタミンC誘導体化粧水ですが、効果については理解していても、使い方を知らないという女性は多いのではないでしょうか。

「とりあえずビタミンC誘導体が化粧水に含まれていればいいんでしょ?」などと勘違いしたままでは、せっかくの有効成分を吸収できなくなりますよ。

今回は、年齢肌対策をしたい人に向けて、ビタミンC誘導体化粧水の使い方について解説します。

ビタミンC誘導体化粧水


1.ビタミンC誘導体化粧水は「水溶性」を使おう



一口にビタミンC誘導体化粧水といっても、水溶性・油溶性・両親媒性の3種類に分かれています。
このうち、水溶性のビタミンC誘導体化粧水を使うことで、最も効率よく有効成分を肌に吸収させることができます。

また、水溶性ビタミンC誘導体の中でも何種類かに分かれているため、肌悩みに合わせて使い分けましょう。

<水溶性ビタミンC誘導体化粧水の種類と特徴・効果>

・リン酸型ビタミンC誘導体
敏感肌用の化粧水に多く含まれ、皮膚科でも処方されることが多い。
シミ・シワ・肌のくすみの改善に効果的。

・アスコルビン酸
ビタミンCの安定性が最も高く、有効成分が長期的に保たれるため、エイジング対策を兼ねた基礎化粧品としても最適。

ビタミンCのシュッ類


2.水溶性ビタミンC誘導体化粧水がおすすめなのは、こんな人!



浸透力に優れた水溶性ビタミンC誘導体化粧水は、普通肌や脂性肌タイプにおすすめ。
アトピー性皮膚炎などのアレルギーがなく、年齢に合わせたエイジングケアをしたい女性なら、使用上の注意点も特にありません。

一方、混合肌や敏感肌タイプは、ビタミンCのもつ刺激から、肌荒れを起こす恐れがあるため、あまりおすすめできない場合があります。


3.ビタミンC誘導体化粧水の効果的な使い方



ビタミンC誘導体化粧水を効果的に使うには、抗酸化作用の高いビタミンE誘導体と組み合わせるのが最適です。

年齢を重ねるにつれて、肌本来の力で活性酸素を除去することが難しくなるため、化粧水から有効成分を補う必要がでてきます。

ビタミンC化粧水を使って美しくなった女性

ここでアンチエイジングにつながる成分は、「トコフェロール」。
ビタミンE誘導体を通してトコフェロールを摂取することで、シミやくすみのもととなるメラニン色素を減少させる作用があります。

この機に、ビタミンC誘導体化粧水の効果的な使い方を学び、エイジング対策に役立ててくださいね。

コメント

名前
メール
URL
内容

情報を記憶する
プロフィール
管理者:美ビンバブログ
<< 2018年 10月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
カテゴリー
リンク集